小中大
よくある質問サイトマップ
カレンダー
2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
カテゴリー
アーカイブ
 

栗の住人

大町・松川地区
2021年9月26日

大町・松川地区もすっかり秋の装いです。紅葉の見ごろは少し先ですが、桜の葉は落葉し、道に栗が落ちていたりと確実に秋が深まっていくのを感じます。

拾った栗の中に、ゾウムシが一匹ついていました。

クリシギゾウムシです。栗を食べ、栗の中に卵を産み、幼虫は栗をゆりかごにするというまさに栗に始まり栗で終わる生活史を持つ面白い昆虫です。まさに、栗の住人!

あらら、踏ん張るあまり、後ろ足が浮いてしまいました。

なかなかユニークなゾウムシですが、栗を食害することで農家を困らせるそうです。

秋の味覚が好きなのは人も虫も同じですね。🌰

 

秋に向かって・・・?

大町・松川地区
2021年8月29日

夏のイベントも終わり、涼しくなってきました・・・と思いきや、まだ気温が高い日が続いています。

まだまだ夏の陽気ですが、園内では少しずつ葉が色づいてきました。


葉を落とし始めている木もあります。

この様子だけ見るとすっかり秋ですが・・・。

樹液酒場を見ると大物の姿が。

なんと傷も欠けもない、ピカピカな新成虫のノコギリクワガタ(♂)です。日中の暑さを感じて、出てきたのでしょうか。

こちらはスジクワガタ♂。もう9月になろうというのに、クワガタたちは元気な姿を見せてくれます。

夏なのか秋なのか、よくわからない近頃の園内です。

※園内での動植物の採集はお断りさせて頂いております。来年も会えるように、観察したら逃がしてあげてくださいね。

 

も~ぅ、少し

大町・松川地区
2020年11月25日

現在、鋭意作成中の巨大サンドアート。

あともう少しで、完成です!

デザインは来年の干支「丑」と恵比寿様。

砂はボンドで付けています。色を付けたい部分にまんべんなく塗っていくのですが、なかなか難しいです!

どんなパネルが出来上がるのか、、完成までのお楽しみです!!

***

園内の木々はすっかり落葉しました。葉っぱがないので、晴れると森の中がいつもより明るく見通しが良くなります。暖かい時期とはまた違う雰囲気を楽しめますよ。

 

落ち葉の絨毯

大町・松川地区
2020年11月21日

ここ数日の強風で、園内の木々はいっきに落葉しました。

森の中は、ふっかふかの絨毯が広がっていますよ*+.

葉っぱをふみふみしながら、お子さんたちも元気に遊んでいます。

見渡すかぎり広がる葉っぱの絨毯。
歩くとフカフカ。サクサク気持ちの良い音がします。
まっ茶色だったアルプス大草原も、すっかり晩秋の景色になりました。
空中回廊ではアキアカネが日向ぼっこ。
落葉した森の景色も、切り絵アートのようで美しいです。

この時期だけしか味わえない、ふかふかの絨毯をぜひお楽しみください。

 

秋の催し・園内の様子2

大町・松川地区
2020年11月16日

日曜日はミニF-1が最終日を迎え、リピーターの方も沢山来てくださいました*+.ありがとうございました。

ちびっこさんは保護者の方と2人乗りしたり、親子さんで1台ずつ仲良く走っていたり、その様子を祖父母の方が微笑ましく見守っていたり、皆様ご家族で楽しまれていました。

青い帽子が車体の色とお揃い!かっこいい背中。
お客様にはイベント毎に手指の消毒など、ご協力いただきありがとうございます。

9月から開催中のハイパージャンパーも大人気!

ちょっとコワそうですが、やってみると皆さん笑顔☆リピーターも続出中です。

ふわっと舞い上がる、素敵な笑顔*+.
お兄ちゃんも大ジャンプ!!

ハイパージャンパーは来週23日(月・祝)までの開催です!まだ体験されていない方、ぜひチャレンジしてみてください。

整理券配布は9:30~、 イベント受付は10:00~15:00までです♪

***

週末はお天気にも大変恵まれました。

アルプス大草原
北アルプスの餓鬼岳

紅葉も見頃過ぎになり、段々と茶色い景色になってきましたが、移ろいゆく景色もまた、乙なものですね。

渓流ピクニック広場周辺の散策路
 

カラマツの紅葉

大町・松川地区
2020年11月10日

日本産の松で、唯一落葉する松が「カラマツ」です。

園内のカラマツも紅葉が見頃を迎えています。今年は紅葉してから散るまでがあっという間で、デイキャンプ場などは一面、カラマツのカーペットが広がっています。

デイキャンプ場入口付近。地面の褐色はカラマツの葉っぱです!

カラマツは寒冷地での「先駆性樹木」で、開放的で明るい場所にいち早く生えて育ちます。先駆性樹木は「パイオニアツリー」とも呼ばれます。

北海道や中部~東北地方など、木材生産用に多く植林されています。やせ地でも育ち、成長も早いです。

葉っぱは2~3cmほどで、マツ類の中では柔らかく、平べったいのが特徴です。

通常は軟らかい緑色です。秋の紅葉はなかなかきれいですよ。
カラマツの並木。きれいな場所では黄金色にも見えます。

カラマツが紅葉すると、いよいよ秋も終盤。天候にもよりますが、他の樹木もほとんど見頃過ぎになってきます。

そしてカラマツの紅葉が終わると、公園ではカラマツの雨が降る時があります。園内のカラマツが一斉に落葉して、細かい葉っぱが雨のように降り注ぎます。

濡れませんが、傘を差したくなりますよ。

カラマツの雨は面白い現象ですが、いろんなすき間に細かい葉っぱが入り込み、このお掃除はスタッフの悩みの種でもあります。

 

紅葉リースづくり

大町・松川地区
2020年11月7日

今日は園内に落ちている紅葉した葉っぱを集めて、リースを作るイベントを開催いたしました。

一枚一枚、葉っぱを重ねて作りますので、なかなか根気のいる作業ではあったかと思いますが、皆様、とても素敵なリースを作られていらっしゃいました。

今回教えてくださるのは公園サポーターさん。一緒に素敵なリースを作りましょう♪
今回は葉っぱを集めるところから始めました。皆でレッツゴー!
主にカエデ類を中心に集めていただきました。ダンコウバイなどもオススメ。
大きなカエデの木の下で沢山集まりました。
葉っぱを一枚ずつ重ねますので、大量の葉っぱが必要です!これぐらいあれば安心。
テーブルの上が秋色♥レストランのテラス席で開催しました。周辺の紅葉も見頃です。
まず葉っぱを拳ぐらいの大きさになるよう重ねて、針金でまとめて束にします。その束を、土台の輪っかに括り付けて、一周させれば完成です。
リースの土台となるツルの輪っか。
ひたすらひたすら、葉っぱを束にしていきます!
ツル意外に、ワイヤーに直接葉っぱをさして作るタイプもあります。葉っぱのグラデーションがとってもきれいですね。大きさをある程度そろえるときれいな輪っかになります。逆に、様々な種類の葉や木の実を合わせても面白いですよ。
じゃーん♪完成です。赤く染まったカエデをきれいに束ねて、上部に松ぼっくりのアクセント!とてもきれいにできました。飾った場所が華やかになりますね。
じゃじゃーん♪松ぼっくりやカラマツの枝、ダンコウバイなど、秋をつめ込んだ僕だけのリースが完成!飾るのが楽しみですね。

皆さん、思い思いのリースづくりを楽しまれていました!御参加いただきありがとうございました。

少し時間が忙しくなってしまいましたが、お家でも引き続きお楽しみいただければと思います。

また来年もお待ちしております!

 

紅葉と雪化粧

大町・松川地区
2020年11月5日

今朝は一段と冷え込みました。花壇にも霜が降りるようになり、ケイトウなどの草花も見頃が過ぎ、植え替えの時期となりました。

秋が深まって寒い冬が少しずつ迫っている気配が(((><)))していますが、空気も澄み、晴れればきれいな青空がみられる季節でもありますね。

こちらは、公園入口に至る長い坂道の手前あたりで撮影しました。赤い低木はドウダンツツジ。
左(南方面)の蓮華岳から右端(北方面)の白馬岳まで、北アルプスの白い山並みがはっきり見えました。すでに雪化粧です!
公園方面を見ると、正面やや左に白くなった餓鬼岳が。紅葉と雪化粧を同時に見られる、贅沢な景色ですね。
公園入口付近の紅葉も見頃です。道路の両脇にカエデが植えられています。ちょっとした穴場スポットかもしれません。
振り返るとこんな感じ。
日に日に赤みが増しています。

公園に来るまでのドライブも、楽しくなりそうですね。

そして園内の紅葉状況ですが、カエデ類の紅葉が見頃、もしくは見頃過ぎの場所もあり、今度はコナラなどほかの広葉樹が見頃になってきました。そして、カラマツ(落葉するマツです)も少しずつ黄葉が始まりましたので、いよいよ紅葉の秋も終盤に近付いてきたかな?というところです。

渓流付近もだいぶ色づいていますので、ご来園いただいた際はぜひ、渓流沿いの散策路もお楽しみください!

 

深まる秋

大町・松川地区
2020年11月3日

早朝からどんより雲でしたが、すっかり晴れて公園日和になりました!

アルプス大草原もこのとおり!
奥のコナラの大木もやっと色づいてきましたよ。
空中回廊(れき原前あたり)からの景色。晴れれば中央奥の山の先に、北アルプスの餓鬼岳が見えるのですが、雲がかかっていて残念ながら見えず。

昨日ご紹介したデイキャンプ場付近の落ち葉アートですが、今日はさらに葉っぱが落ちて、きれいでした↓

入口広場入ってすぐ左手、フォトスポットにもなっていたカエデは見頃が過ぎてしまいましたが、足元を見ると、落ち葉のアートがきれいですよ*+.
レストラン前のカエデは、ほぼ真っ赤になりました。

入口広場周辺の紅葉はちょうど見頃で、ちょっとした森の小景が美しいのです!

園路はもちろん清掃していますが、紅葉が綺麗な季節はあえて掃ききらず、紅葉した落ち葉をあえて残している所もあります。

そこでお客様が写真を撮られていたり、フカフカの落ち葉で転がって遊んでいるのを見かけると、係員は「よしっっっ!!!」と心の中でガッツポーズをします。

コシアブラの紅葉は白っぽいのですね。

デイキャンプ場も、まだ見頃の樹木が残っていますよ!キャンプ場は11/8までで、以降は冬休みに入りますので、紅葉の中でキャンプを楽しまれたい方はお早めにご予約ください。

紅いカエデの前にある、黄緑色の樹木はコブシと言います。拳のような実がつくので、コブシという名前がついています。白いきれいなお花も咲くので、街中でもよく植えられています。
傘のようなカエデの下から撮るとこんな感じです!
カツラはほとんど落葉し、見頃が過ぎました。

入口広場を過ぎると、園路沿いはコナラやクヌギなどの落葉広葉樹が多くなります。どんぐりが成る木です。葉は赤くならず、黄色の黄葉ですが、一面の黄葉もなかなか綺麗です。

空中回廊は高い目線から森を眺めることができます!朝方は鳥たちが元気に囀っていて、間近で見られることもありますよ。ギィーという古い戸が開いたような音がしたら、コゲラ(キツツキの仲間)ちゃんかもしれません*+.

空中回廊の途中には、くもの巣遊具(ネットのアスレチック)や森の体験舎があり、最後は大草原の家まで行けます。アクセスばっちりです。ここならではの散策をお楽しみください。

森の体験舎
 

落ち葉アート

大町・松川地区
2020年11月2日

今日はあいにくの雨でしたが、気温が高かったので割と過ごしやすかったかな?と思います。団体でご来園いただいた小学生の皆様も、かっぱを着て元気に走り回っていましたよ(^^)

さて、11月に入りましたね。園内ではまだまだ紅葉が続いています。ちょうど、公園に来るまでの長~い坂道も、カエデがとても綺麗に紅葉しています。

レストラン前の大きなカエデは見頃です

見頃を過ぎた樹木の下は、紅葉した落ち葉でいっぱい!

天然の落ち葉のアートが広がっています。

フォトスポットになっていたゲート前のケイトウは、霜がおりたので見頃が過ぎました。

花色がきれいに残っているものは、枯れる前に刈り取り、一部をドライフラワーの材料にしてみます!
カビが生えないよう、なるべく重ならないように干します。風通しがよく、暖房で乾燥した室内もお勧めです。

ケイトウの花は、乾燥しても発色が濃いのでドライフラワーにぴったりと思います!

上手く出来ましたら、イベント等で皆様のお手元に届けられると良いです。