小中大
よくある質問サイトマップ
カレンダー
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリー
アーカイブ
 

メス出現

堀金・穂高地区
2019年5月23日

昨日までオスがほとんどだったオオルリシジミですが、今朝はメスを複数確認しました。

メスは前翅の黒い縁取りが太く、斑点があります。

s-01

オスは縁取りが細く、斑点がありません。

オスとメスが揃えば、そろそろ交尾も始まりそうです。

s-02

オオルリシジミは、池北側のクララの植栽部周辺に比較的多く見られます。

s-03

こちらは池の南側の斜面ですが、この辺りにもいますので探してくださいね。

 

 

オオルリシジミと白蝶

堀金・穂高地区
2019年5月22日

今朝、開園前に段々池周辺を歩くと、サラッと見ただけでも10頭ほどのオオルリシジミを見つけました。

s-01

気温が低い朝のうちは、翅を広げている姿が観察出来ますよ。

s-02

数が増えてきたオオルリシジミに誘われるように、北アルプス・蝶ヶ岳の雪形〝白蝶〟も現れ始めました。

s-03

オオルリシジミと白蝶のコラボレーションを楽しんでくださいね。

 

初夏のお花✿

堀金・穂高地区
2019年5月21日

段々花畑では、ニッコウキスゲが見頃ですよ。標高の高い本来の生育地に比べ、公園では早く咲きます。

s-01

アヤメも段々花畑や野原などで咲いています。

s-02

段々池で咲いているのはカキツバタ。湿った場所を好みます。

s-03

中には白花のカキツバタもありますよ。探してくださいね。

 

お友達

堀金・穂高地区
2019年5月20日

段々池周辺で見られるオオルリシジミ。写真を撮ろうと近づくと、足元でぴょこん。アマガエルがやって来ましたよ。

s-01

こちらも段々池周辺を飛び回るキバネツノトンボ。オオルリシジミのすぐ近くにとまっていることも。

オオルリシジミにはお友達がいっぱいです。

s-02

こちらはオス2頭。出現し始めはオスばかりで、数日経ってからメスが出現します。

オス同士は繁殖のライバル。お友達にはなれないようです。

 

オオルリシジミ見たよ

堀金・穂高地区
2019年5月19日

今日も元気な〝リアルおやゆび姫〟ちゃん。段々池で、オオルリシジミとの2ショット写真に成功しましたよ。

s-02

虫好きのおやゆび姫ちゃん。希少な蝶が複数見られて大満足です。

s-03

シャボン玉もたくさん飛ばしましたよ。

s-04

そして、お姉ちゃんに負けず劣らず元気いっぱいの弟くん。鯉のぼりの前でカメラ目線を決めてくれました (*^。^*)

 

トガリネズミ

堀金・穂高地区
2019年5月18日

あづみの学校多目的ホール前のデッキに現れたのは、小さなお友達のトガリネズミ。まだ小さい子供のようです。

s-01

ネズミの名前がついていますが、齧歯目ではなく、モグラと同じ食虫目に分類されます。なので目も小さいですよ。

s-02

後ろ姿も、とってもキュート。

s-03

こちらは別の日に現れたアオダイショウ。出くわさないように気をつけてね。

 

ナノハナ✿見頃過ぎ

堀金・穂高地区
2019年5月17日

里山文化ゾーンのナノハナは、ピークが過ぎて見頃過ぎ。棚田エリアの上段から見ても、かなり色が薄くなりました。

s-01

岩原口周辺もお花が少なくなりました。

s-02

唯一、バイオトイレの下側の一画は、まだ他よりは黄色が濃いようですが、こちらもあと数日で色が薄くなりそうです。

s-03

最後は、以前植えていたポピーとお友達のナノハナの写真。

今年もたくさんのお客様にナノハナを見に来ていただきました。ありがとうございました。

 

オオルリシジミ出現

堀金・穂高地区
2019年5月16日

今日お昼前に、元気に飛び回るオオルリシジミを見つけましたよ。

職員が確認したのはこの1頭ですが、朝からお越しのお客様は、朝早くに2頭見つけられたそうです。

この1頭が別の個体なら、3頭になりますね。

あちこち飛び回った後は、アカツメクサの蜜を吸っていました。

s-01

夕方見に行くと同じ個体でしょうか、クララの穂先にとまっていました。

去年の最初の出現は、暖冬の影響で5月10日。おととしは5月18日でした。

出現期間は3週間ほど。出現のピークは今月下旬頃になりそうです。

絶滅危惧種に指定されている貴重な蝶なので、捕獲しないで観察してくださいね。

 

5月のお花✿

堀金・穂高地区
2019年5月15日

赤いツツジはヤマツツジ。4月下旬のミツバツツジからヤマツツジ、5月中旬頃からのレンゲツツジへと開花リレーします。

s-01

5月はカエデの仲間も開花ラッシュ。イロハモミジは小さな線香花火のよう。

s-02

普通のヤマブキより色が濃い八重咲き品種。お花も大きめです。

s-03

アズマシャクナゲの後は、葉っぱの細いホソバシャクナゲが開花。

5月は園内各所でお花が開花しますよ。ゆっくり散策してくださいね。

 

オオルリ&キビタキ

堀金・穂高地区
2019年5月14日

段々花畑のシモツケソウの花名板に、ちょこんと乗ったオオルリ。4月中旬~5月上旬頃は、こんな姿が見られます。

s-01

背中は鮮やかな瑠璃色。そろそろ林の中に入って、見つけづらくなります。

s-02

こちらは山吹色が鮮やかなキビタキ。オオルリに負けない美声で囀ります。

s-03

一方、開けた野原にはムクドリの姿。虫取り名人なので、いとも簡単に餌を見つけますよ。