小中大
よくある質問サイトマップ
カレンダー
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
カテゴリー
アーカイブ
 

フクジュソウ✿

堀金・穂高地区
2019年1月16日

おとといの成人の日、水辺の休憩所北側(古墳南側)で、フクジュソウのお花を見つけましたよ。

s-01

開きかけのお花が一輪。去年は1月30日に同じような状態なので、今年はやはり暖冬のようですね。

s-02

こんな状態のお花が4輪ほど。

s-03

他はまだ顔を出したばかりの蕾ちゃんです。

見頃になるのは、まだ先の3月頃。今年はたくさん咲いてくれるかな?

 

イルミ撤去

堀金・穂高地区
2019年1月15日

休園日の今日は、昨日まで楽しませてくれたイルミネーションを早くも撤去。

s-01

高い所は高所作業車で、トンネルイルミも大勢で外しますよ。

s-02

大変なのは池の中、氷を割りながら配線を回収します。

s-03

そしてアイスチューリップはお休みモード。現在見頃のピークを迎えています。

また、明日から見に来てくださいね。

 

成人の日&ラストイルミ

堀金・穂高地区
2019年1月14日

今日は成人の日。あづみの学校理科教室では、晴れ着をまとった姿がかわいい〝フリソデエビ〟を展示中。

s-01

大きなハサミが振袖のよう。成人式に参加しても見劣りしませんよ。

s-02

夜のアイスチューリップは今日が最後。明後日から20日までは日中のみです。

s-03

そして今夜がラストイルミネーション。名残惜しいですが今日でお別れです。次は8月のサマーイルミネーションですよ。

 

今朝のお猿

堀金・穂高地区
2019年1月13日

今朝は、かわいいお猿さんがお出迎え。親子の毛づくろい、微笑ましいですね。

s-01

お母さんは足の裏が気になりますよ。

s-02

寒いと、ひざも痛いのかな?

s-03

そして、あづみの学校多目的ホールのアイスチューリップは、今日も大盛況。

いよいよ明日はイルミネーション最終日です。まだ見てない方も、もう一度見たい方も、みんなで来てくださいね。

 

イルミ&ナイトチューリップ

堀金・穂高地区
2019年1月12日

3連休、最後のイルミネーションです。段々池の氷と残った雪が、夕方のイルミネーションを明るくしてくれます。

s-01

昼間は明るいアイスチューリップ。

s-03

夜間は窓の外の暗い背景が、お花を一層引き立たせてくれます。

s-02

チューリップがガラスに映るので、お花が2倍に増えたようですよ。

 

チューリップ&ラストイルミ

堀金・穂高地区
2019年1月11日

明日からの3連休を控え、アイスチューリップは絶好調です。

s-01

テレビや新聞で紹介していただき、連日多くのお客様がご来園。

s-02

会場は天窓を開けているので少し寒いですが、温度調節をしてお花を長持ちさせています。

s-03

そして明日から3連休は、最後のイルミネーションです。夜のチューリップも3連休のみ。寒くてもみんなで見に来てね。

 

 

ミニつらら

堀金・穂高地区
2019年1月10日

今朝も-10℃を下回り、日中も氷点下の真冬日になりました。寒さが続きます。

s-01

雪が少ないので、つららもちびっ子。ヒノキやツバキの葉をコーティング。

s-02

こちらは、あづみの学校多目的ホールのアイスチューリップ。ボリュームたっぷり、八重咲き品種が開いてきましたよ。

s-03

週末に向け、お花の状態も日々良くなっています。1度だけでなく何度も見に来てくださいね。

 

真冬日

堀金・穂高地区
2019年1月9日

今朝はうっすらと雪が積もりましたよ。

s-01

昼前からは曇り空になったので、最高気温も0℃に届かない真冬日となりました。

s-02

気の早いマンサクは、ちょっと後悔?

s-03

あづみの学校理科実習室では、昨日から特別展示『トロピカル クリスマス』の撤去に入りました。残すはへんてこガエルたち。明日には裏方に戻せそうです。

 

お花✿活き活き

堀金・穂高地区
2019年1月8日

オープンから1週間、アイスチューリップのお花がずいぶん成長しましたよ。

s-01

今日は朝から水やりです。4000鉢一つ一つに水をやるので、とても大変です。

s-02

おかげでお花も活き活き、潤いました。

s-03

お花はこれからも大きくなります。今週末はさらにきれいになりそうですね。

 

雪の中のお猿さん

堀金・穂高地区
2019年1月7日

英語でニホンザルは正確には“Japanese macaque”と呼ばれますが、猿の仲間では世界で最も北に分布することや、雪の温泉につかることが話題になり“Snow monkey”とも呼ばれてます。

s-01

ネムノキの実を食べている子猿ちゃん。

s-02

丈夫な歯でクルミも噛み割ります。

s-03

そんな貴重なニホンザル。いつもいるわけではありませんが、雪の中で見られるのも、あづみの公園ならではですね。