小中大
よくある質問サイトマップ
カレンダー
2021年2月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
カテゴリー
アーカイブ
 

巨大モグラ塚

堀金・穂高地区
2021年2月27日

展望テラスから段々花畑方面への園路沿いに、大きな土の塊がありましたよ。写真右下の盛り上がりです。最初は誰かが土を盛ったのかと思いましたが、どうやらアズマモグラが作ったモグラ塚のようです。

縦横80㎝×80㎝、高さは50㎝ほどありました。手袋と比較しても、その大きさがわかります。

こちらは少し小さめですが、ほぼ通常サイズ。モグラ塚はモグラが地中にトンネルを掘る際に、邪魔になった土を地上に押し上げてできたものです。トンネルが浅い時は捨てる土の量も少ないので小さなモグラ塚になるようです。

大きなモグラ塚は深いトンネルから押し上げて出来たようです。これだけの土の量を押し上げたのが、体長15㎝ほどのモグラさんというのが驚きですね。

 

番外編 〜雪山の足跡〜

堀金・穂高地区
2021年2月26日

今日は公園外のお話です。

白馬方面のスキー場周辺では、雪の上に残ったノウサギの足跡をたくさん見ることが出来ます。典型的な足跡がこちらの写真です。

雪質や歩き方によっては、全然違う足跡が残ることもありますよ。ピョンピョンと歩きますが、前足を前後に付いた後、それを越えて後ろ足が前方に出ます。なので進行方向は左側です。

木の根元の穴に、出る足跡と入る足跡がついていました。このような場所がねぐらになっているのかもしれませんね。

笹の先端が噛み切られていました。餌の少ない雪山では貴重な餌になっているようです。

ノウサギの糞は直径1㎝ほど。冬場は水分の少ない樹皮などを食べることが多いので、糞も乾燥しています。

以前はあづみの公園の堀金・穂高地区でも、雪の上に残るノウサギの足跡を見ることが出来ましたが、現在はほとんど見かけません。大町・松川地区では時々見られるようなので、雪が積もったら探してみてくださいね。

 

舗装工事

堀金・穂高地区
2021年2月25日

2004年の開園以来、少しずつ傷んできた園路の補修工事が行われています。現在は、第1駐車場の歩道を直していますよ。

ダンプからアスファルトの合材が〝アスファルトフィニッシャー〟と呼ばれる機械に移されます。熱々に加熱されたアスファルトが後方から出てきます。

狭い所は小型のロードローラーで平らにしていきますよ。

駐車場の中央の歩道です。

広い場所は大型のロードローラーで平らにしていきます。何度も何度も往復して固めます。

午前中、あっという間に完成です。まだ舗装が出来ていない所もあるので、通れるのはもう少し先になりそうですね。

 

お花✿散策

堀金・穂高地区
2021年2月24日

昨日でナノハナの庭が終わり、4月中旬頃にチューリップが咲くまでは、木々の花や山野草のお花が主役になります。

最も早く咲いたマンサクの隣の自生種のマンサク。枝いっぱいに咲いたお花が見頃になりました。この木は毎年冬でも葉を残しています。とても寒がりのようですね。

水辺の休憩所北側のフクジュソウは、葉が出て草丈も大きくなりましたが、お花はあまり開かなくなりました。

このフクジュソウのさらに北側、野原の手前にもフクジュソウが咲いています。こちらはまだ小さいので、お花も大きく開きますよ。

野原西側のロウバイも少しずつ開花。先週の季節外れの暖かさも、影響を与えているかも?

近くにあるサンシュユの蕾からは、黄色いお花が顔をのぞかせています。

段々原っぱの細園路沿いには、第一クロッカスのお花。ちょうどお花がある辺りで園路を拡張したので、どれだけの球根が残っているかわかりませんが、たくさん咲いてくれると良いですね。

 

ナノハナプレゼント

堀金・穂高地区
2021年2月23日

『Indoor Garden ナノハナの庭』は、今日が最終日。ナノハナプレゼントが実施されましたよ。

ナノハナの香りが漂う会場の多目的ホール。密を避けるために、20人の入れ替え制で参加していただきました。

お一人1袋に5ポットを持ち帰れます。 大人も子供たちも、お気に入りのナノハナを選びました。

Indoor Gardenはこれで終了ですが、4月中旬頃からは段々原っぱでチューリップが、ゴールデンウィーク頃には里山文化ゾーンでナノハナが咲きます。暖かくなったらお外で咲くお花も楽しみにしてくださいね。

 

にゃん、にゃん、にゃん

堀金・穂高地区
2021年2月22日

2月22日は〝にゃん、にゃん、にゃん〟で『猫の日』です。あづみの学校の屋外水槽の前で、お魚を見ているのは猫ちゃん?

今日は屋外水槽の掃除をしました。昨日から気温が高いので、朝早くからでも半袖で平気でしたよ。ガラスに映った常念岳山頂を眺めながらの、贅沢なお掃除の時間です。掃除後に綺麗になったのが最初の写真。

場所が変わって、こちらは多目的ホール。先ほどの後ろ姿は猫ちゃんではなく、猫の着ぐるみをかぶった〝かえるのピクルス〟でした。明日23日で終了の『ナノハナの庭』の最後のご案内です。13:30~は〝ナノハナのプレゼント〟の催しがありますよ。

お一人様、5ポットをお持ち帰りいただけます。蕾がついているものもをプランターや鉢に植え替えると、これからもう少し咲いてくれます。切り戻すと脇芽が出ることもあるので、お家でチャレンジしてくださいね。

 

マンサク✿園内各所で

堀金・穂高地区
2021年2月21日

段々原っぱ西側の須砂渡口方面に上る園路沿いに、マンサクの花が咲いています。

小さな木で花数も多くありませんが、水辺の休憩所南側のマンサクと同じ頃か、少し遅れて開花します。

この木は園芸種のようで、色の濃いとても大きな花が咲きます。

花弁がまっすぐにピンと伸びるのも、この木の特徴です。

近くの斜面でも、マンサクが咲き始めています。斜面にあるのは自生種なので、お花も小ぶりです。このほかにも、園内各所でマンサクが開花しています。散策しながら見つけてくださいね。

 

ウメちゃん✿

堀金・穂高地区
2021年2月20日

野の休憩所北側の東屋前にある紅梅の木。公園では一番早く咲くウメの木です。

遠くからではまだ目立ちませんが、近づくと結構な数が咲いています。東屋のすぐ横にある紅梅も少し咲いていますよ。

野原西側のサイバーホイール遊び(現在お休み中)の近くには白梅の木。先ほどの2本の紅梅に次いで咲くウメの木です。こちらはまだ数輪だけの開花です。

ネコヤナギは、まだ多くの冬芽が芽鱗(がりん)の帽子をかぶっています。

とんがり帽子が可愛いですね。

左側の冬芽は芽鱗が取れたばかり。しばらく帽子をかぶっていた絹毛は先っちょがぺったんこ。帽子を脱ぐと、髪の毛がぺったんこになっている様子に似ていますね。今日の日中は、かなり強い風が吹きました。とんがり帽子も飛んで行ったかな?

 

お天気回復

堀金・穂高地区
2021年2月19日

昨日、おとといは雪が舞う冬の天気でしたが、今朝からはお天気が回復し、朝はうっすらと雪が積もっていた園内も、午後にはほとんど融けましたよ。北アルプスの山並みもきれいです。

朝の最低気温は氷点下7℃台と低かったので、段々池は所々氷が張っています。

水辺の休憩所前の〝じゃぶじゃぶ池〟が、最も凍っていました。

段々花畑は林の影になっているので、比較的雪が残ります。週末は気温も上がる予報なので、こちらも融けてしまいそうです。

仲良しお猿の毛づくろいは、足をあげてちょっと恥ずかしいポーズ。足の指は親指が他の4本とは離れていて、かかとがとがっているのが特徴です。雪の上についている足跡の形も納得ですね。

 

信州のりんご その8

堀金・穂高地区
2021年2月18日

あづみの学校玄関ホールで展示中の『信州のりんご』。

去年9月末に22品種から始まった展示は、12月の66品種が最高。現在は、最近になって新しく入った美丘(みおか)を含めて、51品種を展示していますよ。今シーズンの品種の延べ数は、なんと73品種にもなりました。

今日はいろいろな所に出張りんご。まずは同じ玄関ホールの屋外水槽前で、お魚たちと一緒。

次は多目的ホールに移動して、ナノハナとりんごの共演。鮮やかなナノハナに全く見劣りしていない所が、りんごちゃんの凄い所ですね。

最後はお外で雪景色の中のりんご。リンゴは寒い方が長持ちします。寒中りんごは、ますますおいしくなりそうですね。