小中大
よくある質問サイトマップ
カレンダー
2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリー
アーカイブ
 

スイセン、続々開花中!

大町・松川地区
2021年4月9日

れき原花畑では20種類のスイセンを植えていますが、半数以上のスイセンが開花中です!

気温が高く晴れの日が続いたので、ここ数日で一気に蕾が開きました。

品種によっては満開に近いものもございます。

また、コブシやオオヤマザクラなども見ごろとなっております。

サクラの蜜を吸う小鳥たちも大忙し!
ヤマガラは花をちぎって、付け根にある蜜を上手に吸います!
ぶら下がりもお手のもの!

ほかにも、ユキグニミツバツツジも開花が始まっています。(森の体験舎前で見られます)

渓流ピクニック広場周辺の小川ではショウジョウバカマなども見ごろとなっています。

木々や草花の開花、活発になってきた生き物たち・・・。日々春らしくなる公園をじっくりお楽しみください*+.

 

サクラ開花一号

大町・松川地区
2021年4月1日

園内のサクラの開花が始まりました。

開花一号は、渓流ピクニック広場近くのソメイヨシノです。

まだ一輪だけですが、これで園内の開花がスタートしました。

ほかの蕾も、花弁が見えるほど成長していますので、続々と開花していくでしょう。
ソメイヨシノの周辺は芝生の広場になっていますので、
お花見ピクニックにもおすすめの場所ですよ♪

昨年は4月中旬に満開・見頃を迎えましたが、今年も気温が高いので少し早まるかもしれません。

園内にはサクラの木が多数ありますが、ソメイヨシノは3本ほどで、ほとんどがオオヤマザクラという種類です。

アルプス広場のオオヤマザクラ
地元の方々に植えていただきました。
オオヤマザクラも花弁がこ見えるまでに成長しました!
ソメイヨシノより色が濃いです。

また、カスミザクラの大木がデイキャンプ場にあり、こちらも見事な景色をプレゼントしてくれます。

開花情報はブログやSNSで随時アップしていきますので、ご来園の参考などにご活用ください。

 

カタクリ&コブシ開花

大町・松川地区
2021年3月31日

入口広場周辺で山野草や樹木のお花が続々と開花中です!

レストラン前の林床では山野草「カタクリ」の開花が始まりました。

カタクリ
カタクリ

同じく入口広場周辺でダンコウバイも見頃を迎えています。

ダンコウバイ

また、白く大きな花をつけているのはコブシです↓

コブシ
拳のような大きな実をつけるので、コブシといいます。
蕾はふわふわとした毛で覆われています。5センチくらいの大きな蕾です。

入口広場周辺の森では、ほかにもキクザキイチゲが開花中です。キクザキイチゲの見頃が過ぎると、今度は同じエリアでニリンソウの開花も始まります。

どちらも可憐で美しいお花ですので、ぜひご覧ください。

 

スイセン花畑

大町・松川地区
2021年3月30日

れき原花畑のスイセンが早くも一部の品種で見頃となっています。

「アトラクション」という品種です。

白色と黄色の爽やかなお花です。花径も大きめです。
このあたりで写真を撮ると、満開の背景で撮れます!
アトラクションは見頃ですが、花畑全体の見頃はまだ先のようです。
空中回廊から見るとこんな感じです。
右側だけ満開です。
ほかの品種はほとんど開花していません。
アイスフォーリスやエルリッチャー

蕾が膨らんで開花が近づいている品種もあれば、 、


やっと新芽が伸びてきた品種もあります。

ほかに、条件が良いところはポツポツと開花している箇所もあります。

ナンバーファイブも一部咲き始めました。

グランドソレドールという品種も咲き始めています。1つの茎に複数の花がついています↓

グランドソレドール(黄)
グランドソレドール(白)

品種ごとに開花時期も若干ずれますので、全体の見頃を読み取るのは難しいですが、だいたい4月半ば頃を見込んでいます。

1年越しのスイセン花畑をぜひお楽しみください。

 

春さんぽ

大町・松川地区
2021年3月27日

今朝は冷えこみましたが、日中は暖かく過ごしやすい1日となりました。

あずみの苑地では高山植物のミネズオウが開花しています。

ミネズオウはツツジ科の低木です。
約1cmくらいの小さな花が束状に咲いています。

園内では春のお花が続々と開花しているほか、蝶も少しずつみられるようになりました。モンキチョウやルリタテハ、テングチョウなどなど。暖かくなり昆虫たちも活動を始めているようです。

タテハの仲間も見られるようになりました。写真はキタテハに似ていますが、タテハも種類が多く、見分けるのが難しい個体も多いです。

また本日は野鳥観察会も開催しました!

開始からすぐに猛禽類のノスリを発見。鳴き声もはっきり聞こえました*+.

デイキャンプ場では冬鳥のカシラダカに出会えました。
森の見通しがよい今の時期は観察にオススメです。
河畔広場周辺でキツツキの仲間、コゲラに出会いました!
写真のどこかにコゲラがいます。
どこにいるか分かりますか???
(クリックすると、拡大されます)

次回、野鳥観察会は4/24(土)、4/28(水)、5/1(土)に開催予定です!(詳細は公園HPでお知らせいたします)

明日は雨の予報がでているようですが、雨の日でも参加できるクラフト体験・食体験も開催中です!

大人気、竹巻パン!
焦げないように、コロコロ回しましょう♪
あずみの名物「道祖神」クラフトもおすすめです!

明日は「春の蒸しパン」づくりも開催します。春色・春味の蒸しパンです*+.

お皆様のご参加、お待ちしております(^^)ノ

 

渓流沿いの散策

大町・松川地区
2021年3月25日

真冬の寒さで凍っていた浮川の水もすっかり溶けて、渓流沿いも春らしくなってきました。

横溝堰も水流が止まっていましたが、再び水が流れ始めました。そろそろ田んぼに水が入る時期でしょうか?

渓流沿いではいつの間にかバイカオウレンも咲いていました。

乳川では時々、カワガラスが見られます。

ピンボケですみません!
カワガラス。特殊能力は潜水。

普段は入れない保全ゾーンには、キクバオウレンも咲いています。

キクバオウレン
葉っぱがキクにそっくりです。

保全ゾーンには野生動物の痕跡や様々な植物があり、とても面白いエリアです。期間限定でお客様もご案内しておりますので、ぜひ一緒に探検しにいきましょう!(開催時はHPでご案内します)

とってもキレイなウサギのうんち。ほぼ無臭、ほぼ草です。
世界一きれいな?うんちかもしれません。

そのほか、デイキャンプ場やれき原花畑周辺では、オキナグサが続々と開花しています。

オキナグサ

シェードガーデンでは、クリスマスローズ”チベタヌス”が見ごろです!

クリスマスローズ チベタヌス

れき原花畑のスイセンも順調に生育中です。見頃は4月中旬~の見込みです。

脇に咲いているのはクロッカスです。
 

ダンコウバイ

大町・松川地区
2021年3月23日

本日は鮮やかな晴天。公園日和の1日でした。

時々まだ風が冷たい日もありますが、着々と暖かい春に向かっている模様です!

園内ではダンコウバイの花が見ごろになりました。

ダンコウバイ

公園入口周辺や渓流ピクニック広場周辺で見られます。

花火のような面白い形をした花です。

枝の皮を少し剥くと、香り高い爽やかな芳香がします。

名前は梅がつきますが、クスノキ科で、枝の香りもクスノキのように柑橘系に近い爽やかな芳香があります。

ふわふわの可愛いお花にぜひ癒されてください*+.

 

春の山野草

大町・松川地区
2021年3月19日

日に日に暖かくなってきましたね。

今日は上着が少し暑いほどでした。

さて、園内では春の植物が次々と開花中です。

トップの写真はフクジュソウ。株も大きく育って、現在は見頃となっています。

また、山野草の「キクザキイチゲ」が咲き始めています。

色味が少なかった林床に彩りが戻ってきました。

キクザキイチゲ
キクザキイチゲは青紫色や白色の花を咲かせます。
フキノトウの芽も出ています。
カタクリの葉も続々と出てきました。
しかも、蕾が出ている株も!
チューリップの芽が、分厚い葉っぱの層を持ち上げて、芽を出しています!
伊吹の力はすごいですね*+.

キクザキイチゲはレストラン前の林床で見ることができます。

毎週末は自然散策のガイドも行っておりますので、お気軽にお声がけください。

 

春探し

大町・松川地区
2021年3月10日

園内の至る所で春の兆しが見られるようになりました。

キクザキイチゲ

入口広場周辺では、キクザキイチゲの蕾が出てきました。

すでに開花しているフクジュソウも続々と新しい芽が出ていますよ*+.

マンサクの花も見頃を迎えていましたが、早いものは見頃過ぎになってきました。

フクジュソウ
フクジュソウ
フクジュソウ
マンサク

春の始めは黄色系が多いですね。

また、ネコヤナギもフワフワの花芽が出てきましたよ*+.

ネコヤナギ
渓流ピクニック広場の近くに、大きなネコヤナギの木があります。
周辺にはオオヤマザクラなどもあり、春はお花見スポットに。

その他、オオイヌノフグリも咲き始めました。

オオイヌノフグリ
この小さなブルーの花を見ると、いよいよ春だなという感じです。

香りも素敵なダンコウバイの蕾も、あと少しで開きそうです!

ダンコウバイ
クロモジ
かわいい丸っこい芽が出ていました。

枝先に蕾や新芽が出てくると、茶色だった森に少しずつ色がついて、春らしくなってきます。

いろいろな発見があってとても面白いので、ぜひ春を探しに散策してみてください(^^)

土日祝日はガイドも行っておりますので、お気軽にお声がけください。

*自然散策ガイド受付時間は、9時45分~10時30分、12時45分~13時30分です(無料)

 

春の気配

大町・松川地区
2021年3月4日

最近は、気温が低くても日差しの暖かさに春の近さを感じます。

さて、季節ごとにお花で賑わう「れき原花畑」では、球根が続々と発芽しています。

今春も「スイセン・ムスカリ」花畑が登場しますよ~*+.

品種ごとに発芽のタイミングが違うようですが、続々と芽が出ています。
もう蕾がでてる?!
と思いきや、こちらはクロッカスでした。
以前植えた球根がまだ残っていたようです。

スイセンは4月上旬あたりから開花始め、4月いっぱいまで見頃が続く見込みです。天候によっても前後しますので、天気や気温の変化などにも目が離せません。

毎年、花畑のデザインが変わりますので、今年はどんな景色になるか、、お楽しみに!!

一方森の中では・・・

アカマツ林を飛び回る小鳥の群れを見つけました。まつぼっくりにぶら下がったり、枝から枝へ飛び回って、とっても元気です!

10m以上の高い場所に、小鳥の群れが。
肉眼では判別できないので、試しにカメラをズーム。
頭部の模様から、おそらくヒガラと思います。
こちらはエナガです。
尾が胴体くらい長く、柄杓のようなので、柄が長い→エナガとのこと。
陽に当たって気持ちよさそう*+.
ふわふわで、スズメより小さいです。
最近は亜種シマエナガなども人気で、写真集やエナガの雑貨もよく販売されていますね。
こちらの後ろ姿はどなたでしょう、、、
おそらく、オスのシロハラです。こちらも群れで見かけました。
頭隠して尻隠さず。
こちらはカラスです。
細かい枝を集めて巣を作っているようです!
こちらは何の鳥か分かりますか??
普段はライチョウと同じ高山にいる鳥です。
餌を求めて麓まで降りてきたようです。
白と黒の美しい斑点模様。
その模様からホシガラスと呼ぶそうです。

園内では様々な野鳥が見られます。その時期しか見られない貴重な鳥もいますので、ぜひ、双眼鏡を片手に園内を散策してみてください。