小中大
よくある質問サイトマップ
カレンダー
2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
カテゴリー
アーカイブ
 

栗の住人

大町・松川地区
2021年9月26日

大町・松川地区もすっかり秋の装いです。紅葉の見ごろは少し先ですが、桜の葉は落葉し、道に栗が落ちていたりと確実に秋が深まっていくのを感じます。

拾った栗の中に、ゾウムシが一匹ついていました。

クリシギゾウムシです。栗を食べ、栗の中に卵を産み、幼虫は栗をゆりかごにするというまさに栗に始まり栗で終わる生活史を持つ面白い昆虫です。まさに、栗の住人!

あらら、踏ん張るあまり、後ろ足が浮いてしまいました。

なかなかユニークなゾウムシですが、栗を食害することで農家を困らせるそうです。

秋の味覚が好きなのは人も虫も同じですね。🌰

 

炭焼きおやきづくり

大町・松川地区
2021年4月27日

森の体験舎では毎週土日祝日に、お客様ご自身で作りお召し上がりいただく食体験イベントをご用意しております。

今回ご紹介するのは4月25日㈰に開催したおやきづくりです。

おやきとは信州の代表的な郷土料理のひとつです。縄文時代の遺跡からおやきを焼いたであろう痕跡が見つかったことから、とても歴史ある料理といわれています。

それでは早速作っている様子を見ていきましょう。

中央がおやきの素の形です。右のあんは野沢菜です。

食体験ではサポーターさんが手順を丁寧に教えてくれますので安心でして参加できます。

最初の作業は、枠の中で形を整えながら生地を練っていきます。小麦粉をつけると生地のべたつきが少なくなり作業がしやすくなるそうですよ。
あんをつつんでいきます。私個人が体験した感覚としては餃子の耳を閉じる作業に近かったような?
案を入れ生地の形を整えたら、焼き終えた後に自分のおやきだとわかるようにしるしを付けます。私がお邪魔させていただいたときはにこちゃんマークでしるしを付けられている方が多かったです。
当園では炭焼きでおやきを焼いております!ちなみにこの囲炉裏はサポーターの方がご実家から持って来てくれたもので、なんと100年前のものになるんだとか。私の5倍近い年月を見てきていると思うとすごい囲炉裏です。
自分のおやきがタイムスリップすると思うとワクワクしませんか?
焼き場の作業は危険を伴うため経験豊富なサポーターの皆様がやってくれます。

完成!アツアツです!野沢菜とあんこ、どちらか選べるのでお昼にも、おやつにもぴったりです。

土日祝日にご来園の際はぜひ森の体験舎、食体験コーナーへ!

 

雨の日の園内

大町・松川地区
2021年4月17日

本日は雨天にも関わらずたくさんの来園者の方々がお見えになりました。中には悪天候のため中止になってしまったイベントを憂うお客様もいらっしゃいました。改めてこの場をお借りしてお詫び申し上げます。

さて、イベントは中止になってしまいましたが園内は本日よりロードトレインの運航が開始され、また森の体験舎では多くの体験をご用意しております。どら焼きづくり、自然サポーターによるネイチャーゲーム、クラフト体験の兜づくりが本日の体験です。

雨の日の移動もへっちゃら!体験舎までの便も出ております。また晴れの日はスイセンムスカリ畑のご鑑賞に利用されるのもいいかもしれませんね。
自然サポーターによるネイチャーゲームです。どんな内容かな?
園内でみられる生き物の写真を使った神経衰弱です!写真の方は見事に札を充てられたようですね。クリアできれば景品が景品があります。
こちらは体験舎によるクラフト体験です。何を作っているのかな?
真剣!


かっこいい兜が出来上がりました!


これから春の雨が増えるかもしれませんが、 このように雨天でも屋内で楽しめる体験イベントもご用意しております。ぜひ森の体験舎へロードトレインに乗ってお越しになってはいかがでしょうか。

 

ピザづくり体験2日目

大町・松川地区
2021年4月11日

昨日に引き続きとても気持ちのいいお天気でした。さて、土曜日、日曜日と実施したピザづくり体験ですが、おかげさまで大好評でした!

来園者の方々がとても楽しそうに作っていましたので今回は私も参加させていただきました。

初めてのピザづくり体験。ドキドキです。
まんまるな生地は少し硬いおもちのようなイメージだったのですが実際に生地を伸ばしてみるとかなり柔らかかったです。なんだか癖になる感触・・・。

素早く、ムラが出ないよう均等に伸ばしていくのがコツだそうです。来園者の皆様、すごくきれいに仕上げておりました。私はというと・・・。

あまりに不器用で、親切なサポーターの方がきれいに仕上げてくださりました・・・。私も精進しなくては。

さあ、いよいよトッピング!・・・かと思いきや。

!?

皆さん、せっかくきれいに仕上げた生地をフォークで刺して穴を開けています。なぜでしょうか・・・?


どうやらこれはトッピングと同じくらい必要な工程らしく、この穴あけの作業をしないと生地全体が膨らんでしまうそうなんです。

しかし、ピザの耳は膨らんでいたほうが美味しいので、生地の側面だけは穴をあけないんですって!勉強になりました。

さて、いよいよトッピングです。

ソースをたっぷり塗って・・・。
満遍なくトッピング!玉ねぎ→ピーマン→トマト→ベーコンの順で盛り付けるとおいしいみたいですよ。生地をカットすることを想定しながら盛り付けるとトッピングに偏りが出にくくなるそうです。

さて!生地ができたらいよいよピザ窯へ投入です。

焼きの工程は専門のサポーターの方がやってくれます。
完成です!!美味しそう!
お好みの大きさにカットして召し上がれ!
ちなみに私は焼き窯の近くで開花が始まったユキグニミツバツツジを観ながら頂きました。米粉入り生地ならではのもっちりした触感がたまりません。ごちそうさまでした!
二日間にわたる多くのご参加、また撮影にご協力いただいた来園者の方々、ありがとうございました!

森の体験舎では毎週土曜日、日曜日、祝日に食体験イベントを開催しております!

来週17日(土)は季節のどら焼き、18日(日)は竹巻パン作りを行います!皆様のご参加をお待ちしております。

 

ピザ窯食体験

大町・松川地区
2021年4月10日

本日はお日柄にも恵まれ、食体験にも多くの方がお越しくださりました!本日の食体験は米粉入りピザです。

皆様が作ったこねてトッピングした生地を・・・。
サポーターの方々が本格焼き窯で焼いてくれます!
園内で召し上がりながら季節の花々や公園ならではの空気をお楽しみください。

次回の米粉入りピザ食体験は明日4月11日(日)、受付は森の体験舎にて13:30まで、1枚500円で承っております。

食体験は材料がなくなり次第終了とさせていただきますので、参加ご希望の方はお早めにお越しください。皆様のご参加、お待ちしております!