小中大
よくある質問サイトマップ
カレンダー
2022年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カテゴリー
アーカイブ
 

にぎわうゲート前

大町・松川地区
2022年6月30日

インフォメーションセンターのゲートに新しい顔出しパネルが!

新品のピッカピカです。ご来園の際はぜひここでも記念撮影してくださいね。

また一時姿を消していたツバメですが、ゲートにて巣を完成させたようです。

つがいで交代しながら巣の中に入っています。もしかすると卵があるのかもしれません。うまくいくといいですね!

 

【園外編】ミヤマクワガタ登場

大町・松川地区
2022年6月21日

公園内ではないですが・・・。先日大町・松川地区より少し離れた山の外灯でミヤマクワガタの雄を拾いました。いよいよクワガタムシの季節ですね。

大きさは50mmもないくらい。

いつ見てもミヤマクワガタのフォルムには惚れ惚れします。

私は子供の頃自然とは離れたところに住んでいたので、ミヤマクワガタはあこがれの存在でした。

あづみの公園では両地区ともに見られるクワガタムシです。そのうち園内でも会えるかもしれませんね。

 

昆虫シーズン開幕

大町・松川地区
2022年6月19日

園内で昆虫を見かける機会が増えてきました。

樹液や園路で見かけるのはスジクワガタ。一見コクワガタに見えますが、あごの形が若干違います。

まだ園内ではこのスジクワガタしかクワガタムシを見てません。カブト・クワガタが本格的にみられるのはもう少し先のようです。

最近よく目にするのはカミキリムシの仲間。

先日綺麗な瑠璃色の虫が飛んできました。名前はフタコブルリハナカミキリ。その名の通り花に集まります。

紅色のカミキリムシを最近見かけます。

名前はヘリグロベニカミキリ。このカミキリムシも花に集まります。

カブトムシやクワガタムシのようなかっこいい虫も素敵ですが、色が豊富なカミキリムシにもまた違った魅力があります。

晴れた日はよく観察できるので、ぜひ公園で探してみてください。

 

木の小皿つくり

大町・松川地区
2022年6月18日

初夏イベント、「森のクラフトパーティー」も終盤。今年は晴れてくれる日が多く、屋外でクラフトのイベントができて気持ちいいですね!

本日、明日開催の「木の小皿つくり」をご紹介します。

焼きごてを使い絵や文字を焼き入れる技法、「ウッドバーニング」を用いて木の小皿に自分の好きなデザインに仕上げます。
最後にワックスや油を塗りこんで完成!
親子でものづくりを楽しめるイベントです。

参加ご希望の方は当日、現地にてお問い合わせください。

※事前申し込み制のため参加枠に限りがございます。定員に達した場合、当日のお申し込みを受けられない場合がございますので、予めご了承ください。

 

アサギマダラ舞う大町

大町・松川地区
2022年6月6日

最近、「アサギマダラがいた!」と教えてくださるお客様が多いので、私も注意して過ごしていると、なんと目の前を大きなアサギマダラが舞っていきました。

大人げなく追いかけていると、ふわりと止まってくれたのでパシャリ。

秋に渡る姿が見られることで有名な蝶ですが、この時期にみられるということは、もしかすると公園の近くで生まれた個体かもしれませんね。

 

クラフトパーティー開幕!

大町・松川地区
2022年6月5日

和紙作りができる「紙漉体験」、エコなストーブ「ロケットストーブ」づくりを開催しました!

紙漉体験にご協力いただいたのは「信州松崎和紙」の皆さんです。

紙のもとを入れたお水を木箱で漉いていき・・・。
色の付いた葉っぱやお花、カラフルな水で飾り付けをします。

乾かして和紙にするのは帰ってからのお楽しみです。

一方レンタル棟ではロケットストーブづくりが開かれました。
燃料(木材)を効率よく燃焼させることができるロケットストーブは、エコにつながるそう。
災害時やキャンプなど幅広く使用できるので、最近注目が集まっている一品です。

毎年人気のクラフトパーティー。

中にはまだ空きのあるイベントもあります!お早めにホームページをチェック!

 

シェードガーデン管理ボランティア

大町・松川地区
2022年5月29日

大草原の家の近くにあるシェードガーデン。本日はこちらの管理作業と、当園のシェードガーデンを監修した 矢澤秀成氏 による講義が開かれました。

この講義でしか聞けないような貴重なお話ばかり。
造園や庭いじりをされている方は必聴です。

シェードガーデンは日本語では日陰の庭、半日陰の庭と呼ばれるそうです。

作業場所が日陰だと、 本日のような真夏日でも少し安心ですね。

皆さん暑い中、ありがとうございました!

 

あづみの苑地の花々

大町・松川地区
2022年5月24日

大町・松川地区の「あづみの苑地」には、いろんな植物が植わっています。

表紙の写真はニッコウキスゲ。有名スポットの霧ヶ峰では7月が見頃ですが、園内のニッコウキスゲは今が咲始めです。

こちらはオオヤマレンゲ。モクレン科の樹木ですが、咲いてる様子が蓮のように見えることからこの名前になったそうですよ。

高山植物の女王、コマクサも植わっています。コマクサが見られる公園は珍しいのではないでしょうか?

園内各地でも見られますが、ギンリョウソウもきれいな形に仕上がってきました。今が見ごろです。

ご来園の際は、初夏ならではの花を楽しんでくださいね。

おまけ

今日は汗ばむ夏日でした。そのためか園内各地でシマヘビが見られました。

目が合うとすぐに逃げてしまいます。稀にしっぽをたたきつけて威嚇してくる個体もいますが、基本的にはおとなしい蛇です。

優しく見守っていただけたらと思います。

 

カブトムシのようちゅう

大町・松川地区
2022年5月22日

園内での作業中、土を掘っているとカブトムシの幼虫が!

起こしてごめんね・・・。

昨年は掘り起こしてしまったさなぎを、飼育キットで成虫になるまで観察しました。
※この画像は昨年撮影したものです

今回はさなぎではなく幼虫だったのでそのまま土に戻しました。

またさなぎを掘り当ててしまったときは、今年も飼育キットで見守ろうと思います。

昨年は6月上旬にカブトムシを初認しました。早い個体はそろそろ出てきますかね、楽しみです。
※この画像は昨年撮影したものです

 

フキのかさ

大町・松川地区
2022年5月21日

公園のサポーターさんが、ご自身の畑にある大きなフキ「アキタフキ」を持ってきてくれました!

※公園にアキタフキは自生しておりません

有名なあのアニメ映画のワンシーンを連想させますね。まさにフキの傘。

実際の傘と比べるとその大きさがわかります。

一日中雨となってしまいましたが、こういった楽しみもありますね♪