小中大
よくある質問サイトマップ
カレンダー
2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
カテゴリー
アーカイブ
 

信州のりんご その6~長野県りんごの日~

堀金・穂高地区
2020年11月22日

今の時期はサンふじの収穫が最盛期です。11月22日を語呂合わせで「いいふじ」と読ませ、『長野県りんごの日』に制定されています。

地元農園オリジナルの「セプテンバーレディー」、蜜たっぷりの高級りんご「高徳(こうとく)」、丸いきれいな形の「こうたろう」

以前紹介した「はるか」は、袋をかけずに育てると黄色が濃くなり、袋をかけて育てるとクリーム色になります。

扁平な形が特徴の「シナノホッペ」。元々大きなりんごですが、特大サイズはずっしりです。

そして今が最盛期で、安曇野でも主力のりんご「サンふじ」

左上は「紅の夢(くれないのゆめ)」、右上は「炎舞(えんぶ)」、手前は「蜜っ娘(みつっこ)」。果肉が赤くなるりんごと、蜜たっぷりのりんご。輪切りにして食べてみましょう。

 

ガラス細工のお友達

堀金・穂高地区
2020年11月20日

あづみの学校理科教室(実習室)の特別展示『トロピカル クリスマス』。ニモやドリーが泳ぐ水槽は色鮮やです。

そんな水槽の中には、ガラスのクリスマスツリー。海のお友達も、ツリーの周りを囲みますよ。

まるでガラス細工のようなサンタエビが、この水槽の主役です。

こちらは、イルミネーションフィッシュが泳ぐ、熱帯魚の水槽。

中には、サンタさんやトナカイのガラス細工。真っ赤なお顔のラミーノーズテトラは赤鼻のトナカイのよう。

反対側には、今年のイルミネーションのテーマ〝不思議の国のアリス〟のキャラクターたち。

水槽を楽しくしてくれるガラス細工のお友達。おうちの水槽にも飾ってみませんか?

 

信州のりんご 5

堀金・穂高地区
2020年11月14日

昨日も紹介した『信州のりんご』。今日は2種類増えて、62品種になりましたよ。

細長い形が可愛い「スリムレッド」、岩手県生まれですが北海道で生産が多い「ひめかみ」、マット調の色合いが渋い「しらかみ」

赤いそばかすほっぺの「はるか」、はるかに良く似た「こうこう」、白い斑点が雪の様な「千雪(ちゆき)」

地元農園オリジナルで卵の形の「エッグアップル」、明治から昭和にかけて、りんごの主力であった「国光(こっこう)」、傾いた独特なフォルムの「印度(インド)」は、かつての高級りんご。

元々大きな「シナノスイート」ですが、左は普通サイズで、右は巨大シナノスイート。食べごたえがありそうですね。

 

信州のりんご その4

堀金・穂高地区
2020年11月13日

あづみの公園はイルミネーションだけではありませんよ。あづみの学校・玄関ホールで展示中の『信州のりんご』は、60品種になりました。

以前紹介した早生ふじ「やたか」の枝変わりの「ひろの香り」、長野市の農園の娘さんの名前がついた「あいかの香り」、あいかの香りの枝変わりの「しなの姫」

爽やかな緑色の「青林(せいりん)」、赤いほっぺが可愛い「アンビシャス」、青りんごの王様「王林(おうりん)」

切った断面が炎が舞っているように見える「炎舞(えんぶ)」、こちらも果肉が赤い「紅の夢(くれないのゆめ)」、見た目と名前は似ていますが、果肉は白い「北紅(きたくれない)」

ピカピカのりんごたちを、見に来てくださいね。

 

夕方イルミ

堀金・穂高地区
2020年11月12日

イルミネーションの点灯は16時から始まります。まだ明るいので、あまり鮮やかではありません。

淡い感じが好きな方は、早い時間からでも見て回ってくださいね。

暗くなるまで時間をつぶすなら、あづみの学校が開いていますよ。

芸術教室や社会科教室は夜間お休みです が、玄関ホールや理科教室は21時までご覧いただけます。

実習室の特別展示『トロピカル クリスマス』も見てくださいね。

 

お友達の共演

堀金・穂高地区
2020年10月25日

大好きなミニカーを真剣なまなざしで見ているのは、〝リアルおやゆび姫〟ちゃんの弟くん。最近はヘリコプターにはまっているそうですよ。

おやゆび姫ちゃんは、ステンドグラス作りに挑戦。可愛いストラップが出来ました。

段々原っぱに、少し残っていたコスモスの前で記念撮影。弟くんは、太陽が眩しくて目が開けられません。

園路沿いに、工事に使われるショベルカーを発見。なぜかショベルカーの写真はNG。ご機嫌斜めになってしまいました。

おやゆび姫ちゃんが集めたモミジの葉っぱに、可愛いカエルさんをトッピング。

そろそろ帰ろうと思っていたら、なんと〝仲良し姉妹〟にバッタリ。おやゆび姫ちゃんと仲良し姉妹の妹ちゃんは、同じ保育園に通うお友達なのです。

今度は仲良し姉妹の2人とコスモスの前で記念撮影。やはり西日が眩しいのです。

お外で遊んだあとは理科教室を見学。プランクトンを食べる、熱帯魚の赤ちゃんに興味津々です。

最後はたくさんのりんごの前で、仲良くピース。いっぱい遊んでお腹減ったね。

秋晴れの公園を楽しんだ、2組のお友達なのでした。

 

信州のりんご その2

堀金・穂高地区
2020年10月22日

あづみの学校の玄関ホールで展示中の『信州のりんご』。仲間が増えて、44品種になりましたよ。

左から、ゴールデンデリシャスの自然交配から誕生した「陽光」、アメリカ・ニューヨーク生まれの「ジョナゴールド」、あかねとふじの交配品種の「シナノホッペ」

左から、オーストラリアの〝スミスおばあちゃん〟が発見した「グラニースミス」、ゴールデンデリシャスと印度の交配品種の「静香」、あかぎとふじの交配品種の「ぐんま名月」

左から、信州りんご三兄弟の「シナノゴールド」、希少種でとても甘い「あまころがし」、つがるとガラの交配品種の「もりのかがやき」

アメリカ・オレゴン州生まれの巨大りんご「スタークジャンボ」と、とってもちびっ子の「アルプス乙女」

りんごの甘い香りが漂うあづみの学校に、見に来てくださいね。

 

元気に成長

堀金・穂高地区
2020年10月15日

あづみの学校理科実習室の黒板前の机には、夏休みの特別展示で繁殖した熱帯魚と、夏にお客様から頂いたアルビノのカエルさんが引き続き展示中です。

アフリカンシクリッドの〝ペルヴィカクロミス・プルケール〟のお母さんと子供たち。プランクトンを食べてずいぶん大きくなりましたよ。

中にはお母さんが食べるアカムシを、口いっぱいに頬張る腹ペコちゃんも。

お隣にはアルビノのヤマアカガエル。寒くなって来たので、少し動きが鈍くなってきました。

大きい子は4㎝ほどに成長しましたよ。アルビノは体が弱いので、順調に大きくなってくれるといいですね。

 

今日も水槽掃除

堀金・穂高地区
2020年10月7日

昨日に続き、今日も屋外水槽の落水掃除をしましたよ。ニジマスが入っている湧水水槽の掃除です。

ニジマスは小さいサイズに入れ替えるために、玄関ホールの屋外水槽に移動。その後高圧洗浄機で掃除です。

掃除が終わると河川水を補給します。

いっぱいになったら循環して元通り。擬岩のコケも落ちてきれいになりました。新しいニジマスは、明日の夕方に入る予定ですよ。

 

落水掃除

堀金・穂高地区
2020年10月6日

年に1度のヤマメの入れ替えの前に、ヤマメが入っている山地里山水槽の落水掃除をしましたよ。開始前はこんな感じです。

水を抜いたら、高圧洗浄機で擬岩を掃除します。底砂利を洗ったりゴミを取ったり、掃除だけで5時間近くかかります。

2時間余りかけて河川水を補給し、循環をしたら元通りです。すっかりきれいになりました。

取り上げたヤマメは予備水槽に収容。もう少しすると産卵期を迎えて一生を終えます。

新しいヤマメは、8日の夕方に搬入予定です。もうしばらくお待ちくださいね。