小中大
よくある質問サイトマップ
カレンダー
2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー
アーカイブ
 

9月でも元気虫

堀金・穂高地区
2020年9月11日

あづみの学校理科教室の昆虫展示には、まだまだ元気な虫たちがたくさんいますよ。

コクワガタとちびノコは、餌場争いが絶えません。

s-01

左からミヤマクワガタのメス、ノコギリクワガタのメス、チビカブ君は仲良し?

s-02

頭隠して尻隠さずは、メスのカブトムシ。

s-03

立派なノコギリクワガタも健在。

今年はふれあい体験が無かったので、予備の虫たちも少なめです。みんな長生きしてほしいですね。

 

休園日

堀金・穂高地区
2020年9月7日

今日は8週間ぶりの休園日。あづみの学校も久しぶりのお休みモードです。

s-01

理科教室もお魚の水槽や昆虫のケースなど、生きものの入っている所だけ照明がついています。

s-02

午前中、芸術教室はワックスをかけました。明日からはピカピカの床でクラフト体験が来ますよ。

s-03

社会科教室も真っ暗。まだ古民家の中にはお上がりいただけません。土間から中の様子をご覧くださいね。

 

稚魚、成長中

堀金・穂高地区
2020年9月2日

夏休みの特別展示で生まれた、ペルヴィカクロミス・プルケールの稚魚とお母さん。相変わらず仲良しです。

s-01

特別展示は終了しましたが、親子の水槽は実習室の一番奥に残してあります。

s-02

子供たちも一回り大きくなりました。餌のプランクトンを食べると、お腹が黄色く膨れて見えますよ。

s-03

お隣にはアルビノのヤマアカガエル。お母さんの動きが気になって、じっと見つめているのです。お友達になりたいのではなく、食べたいようですね。

 

交通安全ミニカー展示

堀金・穂高地区
2020年8月22日

ディズニーキャラクターのポリスカー。新しく発売されたばかりの5台が初登場。

s-01

街で見かけるパトロールカーや覆面パト。

s-02

道路維持管理車やロードサービスカー、ヴィンテージタイプのパトカーなど。

s-03

ヨーロッパを中心とした外国車両も。

来月に実施される『秋の全国交通安全運動』に因んだミニカー約260台の展示が、今日から9月30日まで開催になりますよ。

あづみの学校ギャラリーに、見に来てくださいね ヽ(^o^)丿

 

赤ちゃん誕生

堀金・穂高地区
2020年8月21日

土管の前で辺りを警戒するのは〝ペルヴィカクロミス・プルケール〟のお母さん。

ナイジェリアやカメルーンの河川に生息する、アフリカン・シクリッドの仲間です。

s-01

8月12~13日に、土管の中に産卵しました。孵化するまで新鮮な水を送ったり、卵のゴミを取ったりと世話を続けます。

s-02

産卵するまでは仲良しだったお父さんは、産卵後お母さんに水槽の隅に追い払われてしまいました。今は別の水槽で別居生活です。

s-03

8月15日に孵化した仔魚は、しばらくお腹の栄養を吸収して、水槽の底でじっとしています。そして昨日、ようやく泳ぎだしてエサを食べ始めました。

ある程度大きくなるまでは、子供たちを外敵から守ります。子供たちもお母さんの後をついて泳ぎますよ。

あづみの学校理科教室の特別展示『アクアライフ入門 水槽飼育のススメ』は23日までですが、かわいいお魚の親子を見逃さないでくださいね。

 

クサキリ&ヤブキリ

堀金・穂高地区
2020年8月13日

あづみの学校理科教室の昆虫展示コーナーは、新しい昆虫が仲間入りして、賑やかになっています。

s-01

里山文化ゾーンで採集したクサキリは、長い産卵管を持つメスです。まだ翅が短いので、成虫になる直前のようです。

s-02

ヤブキリのメスも、長い産卵管があります。オスは夜になると低木の茂みの中で「キシキシキシ・・・」と鳴きます。

s-03

触覚が長いミヤマカミキリは、樹液の出る木に現れます。飼育ケースの中では、ずっと蓋の裏に隠れていますよ。

 

水草水槽のススメ

堀金・穂高地区
2020年8月10日

水槽で水草を上手に育成するには、二酸化炭素を細かい気泡にして添加します。

s-01

そうして作られたのがこちら。あづみの学校理科教室の特別展示『アクアライフ入門 水槽飼育のススメ』で展示中です。

s-02

明るい光と十分な二酸化炭素で、水草は光合成をします。葉っぱからは、酸素が出る様子も観察できますよ。

s-03

水槽の裏側も異なるレイアウト。両A面です。

お家で水草水槽を作りたい方は、是非参考にしてくださいね。

 

化石の展示

堀金・穂高地区
2020年8月9日

あづみの学校多目的ホールでは、化石の展示を行っていますよ。

s-01

学校で一度は習ったことのある三葉虫の化石は、およそ5億5000万年前の古生代のもの。

s-02

みんな知ってるアンモナイトは、2億5200万年~6600万年の中生代のもの。

s-03

他にも魚類の化石なども多数展示。明日も開催しているので、興味のある方は見に来てくださいね。

 

ミヤマ&キリギリス

堀金・穂高地区
2020年8月7日

今朝は、この夏初めてのミヤマクワガタを見つけましたよ。少し小さめで、2本の脚の先端が欠けていました。

s-01

こちらは段々花畑のキリギリス。オスは草むらの中を「ギー、チョン」と鳴きながら移動して、メスを誘います。

s-02

腹部に長い産卵管があるのがメス。メスは鳴きませんが、同じく草むらの中に隠れています。

s-03

さっそく理科教室の昆虫展示の仲間入りをしましたが、飼育ケースの蓋の裏に隠れてしまいました。

慣れてくると、理科教室にもキリギリスの鳴く声が響きそうです。

 

カラフル・シュリンプ

堀金・穂高地区
2020年7月28日

スポンジ濾過にしがみついているのは、体長1~2㎝のカラフルなエビたち。

s-01

一時期、爆発的な人気になったレッドビーシュリンプ。香港原産の白黒模様のビーシュリンプの改良品種です。

s-02

ミナミヌマエビの改良品種とされる、最近人気急上昇のチェリーシュリンプの仲間。レッドチェリーシュリンプとスノーホワイトシュリンプ。

s-03

同じく、ブルーチェリーシュリンプとイエローチェリーシュリンプ。

これらのエビは卵から直接稚エビが生まれるので、水槽で増やすことが出来ますよ。

あづみの学校理科教室の夏休み特別展示『アクアライフ入門 水槽飼育のススメ』の可愛い仲間です。