【古代文字アーティスト・天遊】 作品展・ワークショップ

約3300年前に誕生した古代文字は、現在の漢字のルーツ。古代文字の第一人者、白川静氏の研究により、絵のような文字には古代人の生活、文化・風習だけでなく、宇宙との関わりが込められている事を知った天遊さんは、そこに日本の精神文化「おかげさま」の心を強く感じました。そして、うまく書くのではなく、自由に表現する書アートを展開。古代文字アーティストとして幅広い活動を行っています。


【古代文字アーティスト・天遊】 作品展

古代文字アーティスト天遊(てんゆう)氏の作品展を開催いたします。海外でも活躍する天遊氏の作品を国内で見ることが出来る、数少ない機会です。

開催日 10/22(土)~27(木)
開催時間 開園時間中
観覧料 無料※別途、入園料が必要。
場所 あづみの学校 多目的ホール
内容 パリ・フィナール国際美術展2010入選作品『雪』、『竹』など天遊氏の作品を展示する。また、フランスのアーティストや子供達が書いた日本への震災復興メッセージ作品も展示する。

古代文字アーティスト・天遊氏 ワークショップ

小学生を対象とした安曇野の森や自然を表す文字(「山」など)を書くワークショップを開催致します。
ワークショップを通し漢字の成り立ち・必要性など、漢字の別の面に触れてみませんか。ワークショップで描いた作品は、フランスからの震災復興メッセージ作品へのアンサー作品としてフランスへ送られます。
ただいま参加者募集中。無料なのでお気軽にご参加ください。

※他会場でのワークショップの様子。

開催日 10/23(日)
開催時間 13:00~/15:00~
体験料 無料※別途、入園料が必要。
定員 各回15名(要予約)【予約番号:0263-71-5511】
※主に小学生を対象。(特に3・4年生以上の方)
※小学生以外の方も参加できます。ご希望の方は、上記電話番号へ連絡ください。
場所 あづみの学校 多目的ホール