マウンテンバイクパークのご利用案内

マウンテンバイクをこれから始めたい方や、初めてマウンテンバイクを購入して走る場所に困っている方、または公園に遊びに来た人がマウンテンバイクに出会え、楽しさを体験できるエリアです。子ども(ランニングバイク)から大人まで、家族でオフロード体験が楽しめます。


開園時間

4月27日~11月30日までの土日祝日
(4月27日~5月6日のGW、7月20日~8月31日までの夏休み期間は平日も開園)
※H28年度は6月18日~11月30日までの土日祝日(7月16日~8月31日までの夏休み期間は平日も開園)


最終入場時間

閉園1時間前まで


利用料

  • コース利用料:無料(ただし、公園への入園料は必要)。
  • レンタルバイク(ランニングバイク、MTB)及び防具等のレンタル料:無料(オープン初年度特別措置)

コースの特徴

*「スポーツと遊びの森エリア(マウンテンバイクパーク)」内は自転車専用であり、パーク内の各コースは「自転車」のみ走行できます。

*ただし、ランニングバイクはトレーニングエリア内のキッズコースのみ走行可能です。その他のコースはランニングバイクでの走行はできませんのでご注意ください。


ポタリングコース(2.8km)

  • 自転車に乗れる方であれば気軽に走行を体験できる初級者用コースです。
  • 緩やかな傾斜とカーブでMTBの森林散歩が楽しめます。



テクニカルトレイルコース(1.8km)

  • アップダウンの変化に富んでいる中級の利用者向けのコースです。
  • 登り坂へのチャレンジに続いて下り坂のチャレンジができます。
  • ポタリングコースと繋げてロング走行を楽しめます。



フロートレイルコース(0.7km)

  • 中級者向けの下りのテクニック向上コース。
  • MTB(マウンテンバイク)の下り坂に、楽しさを特化した「ダウンヒル遊び」のコースです。
  • 上下にうねる路面でジェットコースターのような動きを楽しめます。



スキルアップエリア

パンプトラック(ロングコース・ショートコース)

  • ランニングバイク以外の種類の各種バイク(MTB、BMXなど)で、自力でペダルをこがなくても1周できるパンプトラックのコースです。
  • オフロードサイクルを楽しむ上で必要な上下左右の動きの基本技術を体験・習得できます。



キッズコース

  • 8歳以下専用で、ペダルのない「ランニングバイク」を中心とした練習コースです。
  • 不安定要素をもつ二輪車(ランニングバイクや子供用自転車)に乗ること自体でバランス感覚を養い、オフロードの凸凹(コブの連続)を走破することで、“危険回避能力”を身につけることができます。


その他トレーニングコース

  • 登りパンプ
  • 階段・スロープ
  • ステア(段差)
  • 一本橋
  • 丸太越え(大・中・小)
  • 丸太一本橋



施設の利用について

入園手続

  • MTBセンター(受付)にて入園料をお支払いいただき、コース利用上の注意等及び誓約内容を確認の上、「コース利用申込書(同意書)」に署名いただきます。

※受付窓口は混雑が予想されますので、スムーズな入園のためにインフォメーションセンター券売機での購入をお勧めいたします。

※「コース利用申込書(同意書)」および「レンタルバイク利用申込書(同意書)」は以下よりダウンロードできます。

■コース利用申込書
 (Application Form and Agreement for Use of Mountain Bike Courses)
日本語 English
■レンタルバイク利用申込書
 (Application Form and Agreement for Use of Rental Mountain Bikes)
日本語 English

レンタルバイク

  • ランニングバイク : 10台(2~5歳用)
  • マウンテンバイク : 22台(小人用12台、大人用10台)
区分 種類 台数 備考
MTB小人用 20インチ 6台 小学生(低学年~中学年)
24インチ 6台 小学生(高学年)~中学生
MTB大人用 27.5インチ
(650B)
XS 5台 中学生~大人(女性)
S 3台 大人
M 2台 大人(体格の良い方)
合計 22台

自転車の持ち込みについて

  • MTBセンター(受付)でレンタルしている自転車のほか、利用者による持ち込みも可能です。
  • 持ち込み自転車は、持ち込む利用者(所有者)によってしっかり整備管理された自転車で、メーカーがオフロード(不整地)走行を認めているものとします。

【利用できる車種の例】

コース名 使用を認める自転車の例
ポタリングコース
  • 「JIS D9111 自転車‐分類及び諸元」における一般用自転車のうち、メーカーがオフロード(不整地)走行を認めているもの。
  • MTB(マウンテンバイク)
  • BMX(バイシクルモトクロス)
  • トライアルバイク
  • シクロクロスバイク
  • クロスバイク(メーカーがオフロード走行を認めた自転車)
  • その他オフロード走行が可能な自転車(メーカーがオフロード走行を認めた自転車)
テクニカルトレイルコース フロートレイルコース
  • 「JIS D9111 自転車‐分類及び諸元」における一般用自転車のうち、メーカーがオフロード(不整地)走行を認めているもの。
  • MTB(マウンテンバイク)
  • BMX(バイシクルモトクロス)
  • トライアルバイク
  • シクロクロスバイク
  • クロスバイク(メーカーがオフロード走行を認めた自転車)
  • その他オフロード走行が可能な自転車(メーカーがオフロード走行を認めた自転車)
スキルアップエリア キッズコース
  • ランニングバイク
  • 「JIS D9111 自転車‐分類及び諸元」における一般用自転車のうち、子ども車
  • 「JIS D9111 自転車‐分類及び諸元」における幼児用自転車の幼児車
スキルアップエリア その他
  • 「JIS D9111 自転車‐分類及び諸元」における一般用自転車のうち、メーカーがオフロード(不整地)走行を認めているもの。
  • MTB(マウンテンバイク)
  • BMX(バイシクルモトクロス)
  • トライアルバイク
  • シクロクロスバイク
  • クロスバイク(メーカーがオフロード走行を認めた自転車)
  • その他オフロード走行が可能な自転車(メーカーがオフロード走行を認めた自転車)

【使用を認めない自転車の例】

  • メーカーがオフロード(不整地)走行を認めない自転車(ルック車など「オフロード走行禁止」のステッカーなどで表示されている自転車)
  • ブレーキ操作ができない自転車
  • 係員が認めない自転車(整備不良などの理由により危険と判断した自転車など)

服装等について

  • コース内では危険防止のため、必ずヘルメットを着用してください。
  • 服装は長袖長ズボン(肘と膝が隠れるもの)、プロテクター、グローブについても着用を推奨します。
  • サンダル、草履等でのコースの使用は禁止します。

禁止事項

  • 操作が出来ない自転車での走行
  • コースの逆走、コース外へのアクセス
  • 飲酒状態での走行
  • 故意にコースを傷つけるような走法
  • スピードの出しすぎ、無理な追い越し等の他人への危険行為
  • 利用者によるコースの補修・改造
  • ライダー以外のコース内への立ち入りの禁止(スキルアップエリア、キッズコースにおける付添の場合は除く)

禁止行為への罰則等

  • 利用中に危険行為と判断される行為が利用者にあった場合は、退場措置をとり、特に悪質な行為を繰り返した場合は今後の利用についても禁止とすることがあります。
  • コース等園地施設に故意または過失により損害を与えた場合には、損害賠償の請求することがあります。