小中大
よくある質問サイトマップ
カレンダー
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリー
アーカイブ
 

カエル展、最終日

堀金・穂高地区
2020年7月5日

3月1日以来の登場の〝リアルおやゆび姫〟ちゃん。土日限定(7月12日まで)の遊具の貸し出しで外遊び。

s-01

弟くんと一緒に、縄跳びやボール遊び、フラフープを楽しみましたよ。

s-02

段々池ではアマガエルを発見。カエラーのおやゆび姫ちゃんは、アマガエルさんと仲良しになりました。

s-03

あづみの学校理科教室の『あめあめふれふれカエル展』も、今日で最終日。2人はこちらのカエルたちとも仲良くなりましたよ。

s-04

日本のカエルたちは、カエル展終了後も理科教室で展示します。外国のカエルたちは、冬のイルミネーションの時期に、また会えるかも。

今年のカエル展も、たくさんのお客様のお越しいただきました。有難うございました。

 

ちょうちょ探し

大町・松川地区

そろそろ夏休みが近づいてきましたね。昆虫が好きな方は、夏休みにカブトムシなど探しに行かれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

園内でも、クワガタなどが見られるようになってきました。

梅雨の時期ではありますが、きれいなチョウもよく飛んでいますよ。

DSC_9594クロアゲハ接近

こちらはクロアゲハ。いろどりの森で珍しくじっとしているところを発見しました。

よく見ると翅が、鳥が翼を広げたような形をしていますね。

DSC_9580クロアゲハ接近3

見る角度によっては、このように青色がかって見えたりします。

DSC_9602クロアゲハ接近2

後翅の先端に赤色の模様があります。

沖縄のクロアゲハは、この赤色がかなり目立っていて、華やかな個体がいるそうです。生息している環境にも影響を受けているのでしょうか。同じ種類でも、生息地で違いがあるのは面白いですね。

008キチョウとバーベナ

こちらはキチョウ。バーベナの花の蜜を吸っているところです。レモンイエローがきれいな小型のチョウです。

005看板の上のスズメこちらはチョウではないですが。雨の中、看板の上にいたスズメ。鳥の羽根はちゃんとお手入れされていて、はっ水効果があるので、雨の中でも平気なのです。

ずっと見ていると、色々な発見があって面白いですね。

7月18日からは、生き物にまつわるクイズラリーや観察会などのイベントも始まります!

夏休みの自由研究にも役に立つと思いますので、ぜひチェックしてみてください。

 

雨の中でも

堀金・穂高地区
2020年7月4日

雨が降っても元気に朝の挨拶をするホオジロさん。「足もとが滑らないように気をつけてねー」

s-01

円錐形の花序が特徴のノリウツギ。ジメジメした雨の日でも、白いお花が清涼感を与えてくれます。

s-02

アジサイと同じように花弁に見えるのは装飾花(萼)です。小さな丸い粒は蕾で、これから開花していきます。

s-03

そして、あづみの学校理科教室のカエル展は日曜日で終わりです。

カエルたちも、まだ会っていないお友達を首を長くして(首がありませんが・・・)お待ちしていますよ。

 

ヤマアジサイ

大町・松川地区
2020年7月3日

ヤマアジサイが開花しています。梅雨の時期といえば、このお花ですね。

当園では、あまり固まって植えてはいないので、園路を歩いていると、ちょこちょこと見られます。

よく晴れた昨日よりも、曇りの今日の方が、キレイな青色でした。

DSC_9559

DSC_9561

DSC_9562

ピンク色のヤマアジサイは、入口広場の「芝生広場」で見られます。現在、見頃を迎えています。


DSC_9608青色のヤマアジサイは、森のゲート前に少しまとまって植えられています。そのほか、渓流沿いにもちょこちょこ見られますが、そのエリアはこれから開花の見込みです。

 

これから山野草の「オカトラノオ」も、園内各所で咲き始めます。まだ開花始めですが、これから7月いっぱいは見られる予定です。

DSC_9566

 

 

カエル展、あと2日

堀金・穂高地区

あづみの学校理科教室の特別展示『あめあめふれふれカエル展』。

先日ツノガエルたちに、エビのむき身をあげましたよ。ツノガエルの餌は、約2週間に1度です。

s-01

自然界では、目の前を通る生き物をなんでもパクリ。反撃されない限り、絶対に離しません。

s-02

昆虫やヘビ、ネズミ、仲間のカエルさえも食べてしまいます。

s-03

カエルが餌を食べる時は眼をつむります。口の中に目玉が落ち込んで、餌を奥へと押し込む働きをするのです。

カエル展終了まであと2日。可愛いカエルたちを見逃さないで下さいね。

 

カブトムシ

堀金・穂高地区
2020年7月2日

7月に入り、昨日と今日は貴重な梅雨の晴れ間です。

2日前、ノコギリクワガタを見つけたミズナラの木に、今度はカブトムシが出現しましたよ。スズメバチと餌場を巡り小競り合いです。

s-01

離れた場所にも、もう1匹。ここではカナブンと一緒。

s-02

またまた理科教室の昆虫展示の仲間入りです。

s-03

いよいよカブトムシシーズン突入。今年もたくさん見られるといいですね。

 

段々花畑✿

堀金・穂高地区
2020年7月1日

高山や亜高山帯の生育するオオタカネバラ(大高嶺薔薇)。花粉に夢中なのはマメコガネです。

s-01

縦長の提灯のような形のヤマホタルブクロ(山蛍袋)。時々白花が咲いていることもあります。

s-02

キキョウ(桔梗)は咲き始め。紙風船のような蕾も見てくださいね。

s-03

ウスゲヤナギラン混じって咲くのはクサレダマ。地中海原産のマメ科の落葉低木〝レダマ〟に似るので〝草レダマ〟と言う名前です。

 

雨の中で✿

堀金・穂高地区
2020年6月30日

今日は1日雨降り。そんな中で見つけたのはササユリ。葉っぱが笹の葉に似ることが名前の由来です。

s-01

5~6株ほどしか咲かないので貴重。お猿さんに花をちぎられてしまうので、見つからないことを祈るばかりです。

s-02

雨の中、樹液を吸っているのはノコギリクワガタ。ペアになると腹側にメスを囲います。

s-03

理科教室の昆虫展示に仲間入りするために採集しました。オスは65mmの大物でしたよ。

 

かえるのピクルス

堀金・穂高地区
2020年6月29日

休園日の今日は〝かえるのピクルス〟が公園の案内をするよ。

s-01

穂高口ゲート南側の花壇に、ちびっ子コキアを見つけたよ。秋に紅葉するのが楽しみだね。

s-02

段々花畑のウスゲヤナギランは開花も終盤。花序の下から上に咲いていくので、上の方にお花が残っているよ。

s-03

水辺の休憩所のプランターでひと休み。じゃぶじゃぶ池で早く泳ぎたいな。

あづみの学校理科教室の特別展示『あめあめふれふれ カエル展』も、7月5日で終わりです。

ボクたちピクルスにも、本物のカエル達にも会いに来てね。

 

ちびカブ君

堀金・穂高地区
2020年6月28日

今月22日に里山文化ゾーンで見つけたカブトムシ。指先ほどの大きさで、重さも2.4gしかない〝ちびカブトムシ〟です。

s-01

夜活動することが多いコクワガタも、朝早くや夕方はトコトコ歩いていることも。

s-02

シロテンハナムグリの行列?餌の順番を待っているようにも見えますね。

s-03

左側のカナブンは、最近ようやく樹液の出る木に現れ始めました。

あづみの学校理科教室の昆虫展示も、少しずつ仲間が増えていきますよ。