小中大
よくある質問サイトマップ
カレンダー
2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー
アーカイブ
 

4連休初日

堀金・穂高地区
2020年9月19日

〝仲良し姉妹〟の2人は、少し久しぶりのご来園。野原でポージング・・・ではなく、凧揚げをしていますよ。

今日は風が強く凧がとても高く揚がったので、2人は超ご機嫌です。

s-01

4連休に段々池で行われている、カヤック体験にも挑戦。一生懸命漕いだので、池の水が入ってお尻がビチョビチョに。

s-02

段々原っぱのコスモスは、5分咲き程度。「来週くらいには見頃になるかな?」

s-03

意外にも2人は、里山文化ゾーンは初めて。「キバナコスモスが満開で、きれいだったね」

曇っていると肌寒いくらいでしたが、楽しい秋の1日を過ごしましたよ。

 

レスキュー、ちびトカゲ

堀金・穂高地区
2020年9月18日

宙ぶらりんのニホントカゲ。ハンドパワーじゃないですよ。

裏方の階段を下りて行くと、クモの巣に引っかかった、ちびトカゲに遭遇。クモには食べられませんが、体が軽いので逃げられなかったようです。

s-01

クモの糸を外して逃がしてあげました。

s-02

こちらはニホンカナヘビの幼体。草むらには今年生まれのちびっ子が、たくさんいるのです。

s-03

喉にある鳴嚢(めいのう)を膨らませて鳴いているアマガエルさん。「クワックワックワッ・・・」と声が聞こえたら、探してみてくださいね。

 

ジニア✿終盤

堀金・穂高地区
2020年9月17日

里山文化ゾーン・堀金口周辺のジニアの花畑。枯れたり傷んだりしているお花もだいぶ増えました。

s-01

花が大きく色も鮮やかなので、遠目に見るときれいに見えます。

s-02

園路沿いのノリウツギもピークが過ぎて、緑や赤に変色しています。

s-03

真っ赤に染まったナツアカネ。ジニアの赤色を受け継いだようですね。

田園文化ゾーンのコスモスや、里山文化ゾーンのキバナコスモスの見て、時間が余ったら見に来てくださいね。

 

キバナコスモス✿見頃

堀金・穂高地区
2020年9月16日

里山文化ゾーンのキバナコスモスの花畑に現れたのは〝風景の扉〟

s-01

どこにでも行けるドアではありませんが、扉を開けて自然の中に飛び込みましょう。

s-02

登りは少しきついですが、棚田の上段からも花畑を見下ろしてくださいね。

s-03

南東側を見ると、安曇平から松本平へと続く風景が楽しめますよ。

 

GoGo!芝刈り機

堀金・穂高地区
2020年9月15日

土曜日からの4連休を前に、芝刈り作業も連日のように行われています。

s-01

雪が積もるとソリ遊びができる、河畔の広場に下りる斜面の部分。手足を伸ばしてゴロゴロ転がると気持ちよさそうです。

s-02

芝刈り機が通る前と後では、違いが一目瞭然。働く車が好きな人は、作業の様子をずっと見ていても飽きません。

s-03

刈り取り直後は草の香りが漂って、気分もリフレッシュ。園内で見かけたら、少し離れて応援しましょう。

 

少しずつ秋に

堀金・穂高地区
2020年9月14日

少し前までは夏のモクモク雲でしたが、最近は秋のすじ状の雲が見られるようになってきました。

s-01

オオヤマザクラは、他の木々よりも早く紅葉が始まりますよ。

s-02

展望テラスの近くには、ヒガンバナも咲き始めています。

s-03

段々池周辺のマメ科のクララには、種が出来ました。クララは絶滅危惧種に指定されている、オオルリシジミの幼虫の食草です。オオルリシジミが絶滅しないよう、クララを増やしましょうね。

 

ひっつき虫

堀金・穂高地区
2020年9月13日

畦道や道端などでよく見かけるチカラシバ。根が強く張り簡単に抜けないのが名前の由来です。針のような長い毛が衣服に引っかかります。

s-01

笹に似たしわのある葉が、チヂミザサの名前の由来。靴下に刺さるとチクチク痛いのです。

s-02

アレチヌスビトハギは、北アメリカ原産の帰化植物。数は少ないですが、公園の中でも少し見られます。

s-03

実は3~6節に分かれ、マジックテープのように全体で張り付きます。山野に自生するヌスビトハギの実は2つなので、見分けることが出来ますよ。

 

秋の実いろいろ

堀金・穂高地区
2020年9月12日

枝からぶら下がるのはツリバナの実。熟すとくす玉のようにパンパカパーンと開きます。中の赤い種が風船のようですね。

s-01

クリの実はまだ緑色ですが、大きく成長しています。お猿さんはこの状態でも、かじって中の実を食べますよ。

s-02

オニグルミの実も、これから茶色く熟していきます。こちらもお猿さんの大好物。大人は硬い殻を歯で割って食べるのです。

s-03

ナナカマドも早いものは赤く色付いています。紅葉も楽しみですね。

 

9月でも元気虫

堀金・穂高地区
2020年9月11日

あづみの学校理科教室の昆虫展示には、まだまだ元気な虫たちがたくさんいますよ。

コクワガタとちびノコは、餌場争いが絶えません。

s-01

左からミヤマクワガタのメス、ノコギリクワガタのメス、チビカブ君は仲良し?

s-02

頭隠して尻隠さずは、メスのカブトムシ。

s-03

立派なノコギリクワガタも健在。

今年はふれあい体験が無かったので、予備の虫たちも少なめです。みんな長生きしてほしいですね。

 

コスモス✿生育中

堀金・穂高地区
2020年9月10日

田園文化ゾーンのコスモスは、順調に開花が進んでいます。

s-01

野の休憩所前のコスモスも、お花が少しずつ増えています。

s-02

キバナコスモスもちびっ子ですが、花数増殖中。足もとが明るくなりますね。

s-03

チョコレートコスモスは、毎年花が咲いているポットで購入。シルバーさんたちに丁寧に植えてもらいますよ。